資格制度

平成29年度 日本胆道学会認定「指導医」「名誉指導医」「指導施設」申請受付のお知らせ

制度概要へ戻る

認定資格制度審議委員会委員長 遠藤 格

 本年度も「日本胆道学会認定指導医制度」の申請受付を平成29年11月1日より実施したいと思います。なお、機関紙「胆道」会告などで告知しておりますが、本年度より「名誉指導医」制度が創設されるほか、指導医の更新条件に一部変更がございます。申請を予定している方は、申請条件などを十分ご確認のうえ申請書類をご準備ください。
 下記の要項で申請受付を行いますので、「日本胆道学会認定指導医規則」をご覧のうえ、資格を有すると思われる方は奮ってご応募ください。なお、今年度は2012年6月末日までに学会に入会いただいた方が新規申請対象となります。また、更新申請の受付も実施しますので、更新を希望される方は「日本胆道学会認定指導医規則」をご覧のうえ、申請期間内にご応募ください。(更新対象者は事務局より案内をお送りします。もし連絡がない場合は事務局にお問い合わせください。)
 2018年3月(予定)に審査会を開催し、4月(予定)の理事会で承認する予定です。ご不明な点がありましたら、学会事務局までお問い合わせください。なお、日本胆道学会認定指導医制度規則、申請書類等は下記より確認の上、ダウンロードして下さい。

※指導医更新のための業績点数等が不足している場合は、1年間の猶予を設けます。1年間の猶予期間は指導医資格を有しますが、次回更新後の認定期間に含まれますのでご了承ください。
※指導医資格 新規、更新認定時に必要な研修実績、業績ポイントが改定されておりますが、平成29年度申請については、改正前の従来の規定で審査します。

(改正前)日本胆道学会指導医資格制度施行細則(抜粋)
第2条(指導医資格の新規認定および更新)
指導医資格は、5年毎に更新しなければならない。
2. 指導医資格の新規認定および更新には、(1)過去5年間の研修実績が下記に示す点数の50点以上、(2)本会学術集会出席2回以上、を必要とする。
研修実績の点数
(1)本会学術集会出席(10点)。
(2)本会学術集会発表(10点)演者、共同演者も同様に扱う。
(3)論文発表(胆道、JHBPS)(10点)著者、共同著者も同様に扱う。
(4)関連学会総会(日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本消化器外科学会、日本外科学会、日本内科学会、日本肝胆膵外科学会、日本超音波医学会、日本内視鏡外科学会、日本医学放射線学会、日本小児外科学会、日本小児科学会、日本病理学会)への参加(1点)。JDDWは日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本消化器外科学会参加とみなし3点とする。
(5)関連学会の総会・大会で胆道に関する発表(1点)演者、共同演者も同様に扱う。
(6)関連雑誌(上記学会誌以外でも可)への胆道に関する論文発表(1点)著者、共同著者も同様に扱う。
(7)Inpressの論文発表は、DOIがついた段階で申請可能とする(点数は上記に準ずる)。
(8)本会主催の研究会(シングルトピックカンファランスなど)の参加(5点)
(9)本会主導のアンケート調査への参加(5点)。

申請期間

平成29年11月1日(水曜日)~12月16日(土曜日)(12月16日消印有効)

制度規則

申請書類

 申請書類で、「業績一覧表」記載欄の認定される期間について誤った記載がございました。修正したものを掲載いたします。
 本年度認定される業績は、2013年1月~2017年12月の5年間となります。(平成29年10月25日追記)

日本胆道学会指導医
名誉指導医認定申請書
日本胆道学会認定施設 新規認定・更新申請書

よくあるお問合せ

申請送付方法

簡易書留にて郵送

申請宛先

〒980-8574 宮城県仙台市青葉区星陵町1-1
東北大学大学院医学系研究科消化器外科学分野 医局内
日本胆道学会事務局 認定指導医制度係 宛

審査料振込先

銀行名:りそな銀行 今池支店
口座番号:(普)1633864
名義:日本胆道学会認定資格制度審議委員会
  (ニホンタンドウガッカイニンテイシカクセイドシンギイインカイ)
(恐れ入りますが、お振込み手数料はご負担いただきますようお願いいたします。)

PDFファイルの閲覧・プリントには、Adobe Reader(無償)が必要です。