お知らせ

お知らせ

(2016年11月15日 掲載)

2016年度 日本胆道学会国際交流奨励賞受賞演題

 去る9月29日、横浜で行われた第52回日本胆道学会学術集会において、2016年度日本胆道学会国際交流奨励賞受賞演題が決定されました。
 この日本胆道学会国際交流奨励賞は、本学会の一層の発展とともに、本学域の更なる振興を念じて設立されたものであり、下記の受賞者5名には、表彰状と副賞が授与されます。受賞された演題は発表レポートとして、機関紙「胆道」第31巻1号へ掲載予定です。

  • 佐久間 洋二朗(京都大学大学院医学研究科 消化器内科学講座)
    学会名:Digestive Disease Week 2016(ASGE)
    演題名:Diagnostic Performance of a New “Earpick-type Endoscopic Scraper” for Malignant Biliary Stricture : A Multicenter Prospective Study
    発表形式:口演
  • 岩下 拓司(岐阜大学医学部附属病院 第1内科)
    学会名:Digestive Disease Week 2016(ASGE)
    演題名:Endoscopic Ultrasound-Guided Antegrade Treatment of Bile Duct Stone in Patients With Surgically Altered Anatomy : A Multicenter Retrospective Cohort Study
    発表形式:ポスター
  • 堤 康一郎(岡山大学病院 消化器内科)
    学会名:Digestive Disease Week 2016
    演題名:Treatment of bile duct stones in patients with prior hepaticojejunostomy :A percutaneous approach using cholangioscopy vs. an endoscopic approach using short double-balloon enteroscopy
    発表形式:ポスター
  • 山本 有祐(静岡県立静岡がんセンター 肝胆膵外科)
    学会名:23th United European Gastroenterology Week
    演題名:Is extended resection for advanced gallbladder cancer justified ?
    発表形式:ポスター
  • 篠﨑 健太(神戸大学大学院 肝胆膵外科学)
    学会名:Digestive Disease Week 2016(SSAT)
    演題名:Clinical Usefulness of Staging Laparoscopy in Patients with Biliary Tract Cancer following Criteria based on Inflammation-based Prognostic Scores and Tumor Markers
    発表形式:ポスター