胆道 目次(Vol.18/2004年)

巻・号総目次へ戻る

Vol.18 No.5

教育セミナー 胆道疾患の病理、診断、治療 ―診療科の枠組みを超えた胆道医育成をめざして― セクション「十二指腸乳頭部」
田代 征記……583
十二指腸乳頭部の病理
須田 耕一……584~589
十二指腸乳頭部腫瘍の内視鏡診断と内視鏡治療
山雄 健次……590~593
内視鏡的乳頭括約筋切開術(EST)と内視鏡的乳頭バルーン拡張術(EPBD)
小松  裕……594~599
十二指腸乳頭部疾患の治療:外科の立場から
永井 秀雄……600~606
症例報告
胆嚢、胆嚢管、総胆管に同時発生した重複早期胆道癌の1例
小井戸一光、向谷 充宏、水口  徹、福井 里佳、木村 康利、信岡 隆幸、平田 公一……607~613
十二指腸carcinoid tumorと術前診断された十二指腸gangliocytic paragangliomaの1例
原  和生、廣岡 芳樹、伊藤 彰浩、橋本 千樹、川嶋 啓揮、金森  明、内田 博起、後藤  順、大宮 直木、丹羽 康正、後藤 秀実……614~619
ポリープ型十二指腸乳頭部癌の1例
猪熊 孝実、池松 禎人、大菊 正人、小坂太一郎、森内 博紀、黒田 宏昭、山本 孝夫、西脇 由朗、木田 栄郎、脇  慎治、岩岡 泰志……620~624
総胆管癌を合併した皮膚筋炎の1例
山本 俊祐、乾  由明、三好 里佳、渡辺 知英、松本 由美、安永 祐一、蓮池 康徳、興梠  隆、堀口 裕治、西川 正博……625~630
Farrarの診断基準を満たした胆嚢管癌の1例
石渡 裕俊、真口 宏介、高橋 邦幸、潟沼 朗生、小山内 学、松永 隆裕、糸川 文英、桜井 康雄、中村 文隆、道家  充……631~638
腔内超音波検査(IDUS)が診断に有用であったPeribiliary cystの1例
土屋  慎、露口 利夫、酒井 裕司、小林 照宗、福田 吉宏、税所 宏光……639~644
胆嚢管由来inflammatory pseudotumorの1例
鈴木 修司、原田信比古、鈴木  衛、羽生富士夫……645~649

巻・号総目次へ戻る

Vol.18 No.4

原著
悪性胆道狭窄におけるMRCPの意義
伊藤  啓、藤田 直孝、野田  裕、小林  剛、木村 克巳、洞口  淳、高澤  磨……477~482
胆管浸潤型肝内胆管癌の臨床像と画像所見の特徴
今井健一郎、山本 雅一、高崎  健……483~487
教育セミナー胆道疾患の病理、診断、治療 ―診療科の枠組みを越えた胆道医育成をめざして―セクション「胆嚢」
税所 宏光……489~490
胆嚢癌─画像診断の現況と問題点
藤田 直孝、木村 克巳、野田  裕、小林  剛、伊藤  啓、洞口  淳、高澤  磨……491~497
腹腔鏡下胆嚢摘出術─適応と合併症の現況─
長谷川 洋、坂本 英至、小松俊一郎、伊神  剛、森  俊治……498~506
胆嚢癌の治療の現況と展望
嶋田  紘……507~512
症例報告
Multi-detector row CT(MD-CT)による肝内結石症の術前診断
佐田 尚宏、小泉  大、塚原 宗俊、吉澤 浩次、栗原 克巳、永井 秀雄……513~519
腎癌の胆嚢転移の1症例
徳山 泰治、清水 泰博、安井 健三、山雄 健次、大久保賢治、葛原 正樹……520~524
急性膵炎に合併した胆道自然穿孔の1例
西村 一宣、大堂 雅晴、川原 隆一、松尾 英生、児玉 孝仁、木下 壽文……525~530
腔内超音波検査(IDUS)が肝門部胆管癌のskip lesion診断に有用であった1例
甲斐 真弘、千々岩一男、土屋 和代、大内田次郎、江藤 忠明、牧野 一郎、近藤 千博、内山周一郎、片岡 寛章……531~539
Lemmel症候群の2治験例
笹屋 高大、早川 直和、山本 英夫、梛野 正人、二村 雄次……540~545
治療に難渋し、ESWLおよび電気水圧衝撃波破砕術(EHL)にて砕石しえたconfluence stoneの1例
三村 享彦、伊藤  謙、佐藤 大介、岡野 直樹、三浦 富宏、五十嵐良典、飯田 和成、住野 泰清、三木 一正……546~552
腹腔鏡下胆嚢摘出術が、診断、治療に有用であった小児胆嚢捻転症の1例
市之川一臣、関下 芳明、塩野 恒夫、藤森  勝、大野 耕一、原田 正平、近藤  哲、平野  聡……553~557
異時性胆道系重複癌の1手術例
新宮 優二、寺崎 正起、久留宮康浩、坂口 憲史、村田  透、大久保雅之、夏目 誠治……558~564

巻・号総目次へ戻る

Vol.18 No.2

特集:胆嚢結石症治療のガイドライン作成に向けて
唐澤 英偉、小林 展章……107
胆嚢結石症治療における胆嚢温存療法の位置付け―ESWL治療後の再発と胆摘術後症状の検討から―
山口  厚、田妻  進、西岡 智司、兵庫 秀幸、菅野 啓司、沼田 義弘、小武家俊哉、小道 大輔、野中 裕広、井上 基樹、岩本 慶子、鍋島 由宝、渡邊 真巨、石飛 朋和、阿嶋 猛嘉、茶山 一影……108~113
胆嚢結石症における胆嚢温存療法の意義
杉浦 信之、阿部 朝美、税所 宏光……114~118
腹腔鏡下胆嚢摘出術症例における総胆管結石合併胆嚢結石症の診断と治療法―胆嚢癌併存の検討と合わせて―
糸井 隆夫、中村 和人、祖父尼 淳、糸川 文英、森安 史典、井上敬一郎、斎藤  準、小沢  隆、土田 明彦、青木 達哉……119~124
胆嚢・胆管結石合併例に対するEndoscopic sphincterotomyをファーストチョイスとした治療法―その効率性、経済性と予後―
明石 隆吉、清住 雄昭、相良 勝郎……125~131
胆嚢結石による急性胆嚢炎に対する経皮経肝的胆嚢穿刺吸引術の有用性
久津見 弘、信谷健太郎、池澤  聡、西田 憲生、塩見 英之、葺屋 悦子、鈴木 隆裕、船津 英司、増田 清士、畑  和憲、中村 英樹、奥山 祐右、木村 浩之、八木 信明、栗岡 英明、藤本荘太郎……132~137
胆嚢結石症治療のアルゴリズムとクリニカルパス
蒲池 浩文、倉内 宣明、藤堂  省……138~144
教室における胆嚢結石症に対する手術適応基準とクリニカルパスの有用性
多賀谷信美、窪田 敬一……145~152
EBMに基づく胆嚢結石症治療ガイドラインの作成に向けて:胆石症の臨床病期分類と治療適応、経口胆汁酸療法の意義
安部井誠人、田中 直見……153~158
ガイドライン作成に向けての提案―急性膵炎診療ガイドライン作成経験より―
吉田 雅博、高田 忠敬、安田 秀喜、長島 郁雄、天野 穂高、三浦 文彦、井坂 太洋、豊田 真之、杉本 真樹、高木 健司、加藤賢一郎……159~164
特別発言
田中 直見……165
原著
膵胆管分離開口(重複乳頭)症例の臨床病理学的検討―総胆管結石のhigh risk群の可能性について―
窪田 賢輔、齋藤 秀一、和泉 紀彦、近藤 福雄、角田 幸雄……167~173
ラット胆管上皮に対するアデノウイスルベクターを用いたp53遺伝子導入
児島  洋、本田 和男、横山 和尚、串畑 史樹、小林 展章……174~181
肝門部胆管癌切除症例における術中迅速病理診断による胆管十二指腸側断端評価の有用性
清水 康仁、大塚 将之、伊藤  博、木村 文夫、清水 宏明、安蒜  聡、外川  明、吉留 博之、加藤  厚、宮崎  勝……182~188
総胆管結石に対する内視鏡的乳頭バルーン拡張術の長期成績
花田 敬士、日野 文明、梶山 梧朗……189~192
マウス正常肝内胆管上皮細胞培養の確立―Transforming Growth Factor-β1による胆管上皮細胞増殖抑制―
横室 茂樹、有馬 保生、水口 義昭、清水 哲也、川東  豊、田尻  孝……193~197
症例報告
胆管癌と鑑別困難であった良性胆道狭窄の3例
三上 佳子、浦上  淳、久保添忠彦、伊木 勝道、山下 和城、角田  司……198~203
癌再発または異時性多発癌を来した肝内結石合併・非浸潤性肝内胆管癌の1切除例
平嶋 勇希、安田 是和、千葉 英男、永井 秀雄、玉田 喜一、川井 俊郎……204~210
肝動注化学療法により治癒切除を成しえた肝門部胆管癌の1切除例
為佐 卓夫、竹本 紀一、坂本 和彦、岡  正朗……211~216
診断に苦慮した進行大腸癌術後に発見された慢性C型肝炎合併胆管細胞癌の1例
金本 秀行、江畑 智希、上坂 克彦、前田 敦行、松永 和哉、伊在井淳子、古川 敬芳、伊藤以知郎……217~223
総胆管空腸吻合術後に発症した肝内胆管癌にNon-covered metallic stentが、逆行性胆管炎にCovered metallic stentが有効であった1例
伊賀 陽子、新戸 禎哲、原田 容治、大森 順子、糸井 隆夫……224~228
Multi slice row-detector CTによる3次元Multiplanar reformation像が進展度診断に有用であった中下部胆管癌の1例
小井戸一光、木村 康利、向谷 充宏、平田 公一……229~233
腹腔動脈起始部圧迫症候群を合併した中部胆管癌の1例
山元 俊行、堀口 明彦、花井 恒一、水野 謙司、石原  慎、伊東 昌広、岩瀬 祐司、佐藤  禎、永田 英生、清水 朋宏、古澤 浩一、宮川 秀一……234~239
いわゆる胆嚢癌肉腫の臨床病理学的検討
越川  均、須山 正文、崔  仁煥、窪川 良廣、田所 洋行、神谷 尚則、大久保裕直、加藤  圭、松村 祐志、稲見 晃一、川崎 誠治、信川 文誠、須田 耕一……240~245
術前診断が困難であった胆嚢炎症性ポリープの1例
藤田 直哉、猪狩 功遺、亀井  明、高野 浩一、浅原 新吾、清水 深雪、藤田 力也、山本 順司……246~252
原発性硬化性胆管炎の経過観察中に下部胆管の限局性狭窄を呈した1例
鈴木 修司、原田信比古、鈴木  衛、羽生富士夫……253~257

巻・号総目次へ戻る

Vol.18 No.1

原著
通常型パピロトームによる膵管からの乳頭プレカット
水野 成人、本庶  元、工藤 正俊……23~28
胆道癌を含む重複癌症例の検討
田中 恒夫、真次 康弘、中原 英樹、福田 康彦……29~34
症例報告
下部胆管癌治癒切除後に発生した異時性肝内胆管癌の1切除例
飯田  拓、田端 正己、八木眞太郎、水野 修吾、山際健太郎、横井  一、伊佐地秀司、上本 伸二……35~41
遠隔期再発胆道癌再切除の4例
村瀬 勝俊、島本  強、近藤 哲矢、杉本 琢哉、尾関  豊……42~46
MRIが診断に有用であったspontaneous bilomaの1例
杉本 勝俊、篠原  靖、日高 道生、阿部 公紀、宮岡 正明、佐口  徹、井上 真吾、青木 利明、森安 史典……47~52
胆道外瘻により代謝性アシドーシスをきたした膵・胆管合流異常合併進行胆嚢癌の1例
金本 秀行、上坂 克彦、前田 敦行、江畑 智希……53~58
膵頭十二指腸切除および肝S4下S5切除術にて治癒切除した、胆嚢癌胆管内播種と考えられた1例
前原 直樹、千々岩一男、牧野 一郎、大内田次郎、甲斐 真弘、大尾美由紀、片岡 寛章……59~66
急性胆嚢炎に対するPTGBD後、B5胆管領域に損傷をきたした1例
神谷 和則、斉籐 孝成、葛西 眞一……67~73
肝動注化学療法により減黄を示したにもかかわらず腫瘍の増大を呈した肝内胆管癌の1剖検例
片倉 芳樹、鈴木 通博、福田 安伸、奥瀬 紀晃、四柳  宏、伊東 文生、星川 嘉一、小田中美恵子、崎山 武志……74~80
動脈合併切除再建、肝外胆管切除再建にて切除しえた肝エキノコックス症の1例
信岡 隆幸、桂巻  正、水口  徹、島  宏彰、木村 康利、古畑 智久、向谷 充宏、平田 公一……81~87
診断に苦慮した乳頭浸潤型胆嚢癌の1例
二川 康郎、岡本 友好、山崎 一也、渡部 篤史、穴澤 貞夫、矢永 勝彦、角谷  宏、戸崎 光宏、加藤 弘之……88~93