宮崎奨励賞

『宮崎奨励賞』設立と運用の経緯

 当学会の名誉会員であられた金沢大学名誉教授宮崎逸夫先生は、平成16年1月15日午前2時58分、金沢大学附属病院にて心不全のためご逝去されました。
 故宮崎逸夫教授は、昭和49年に金沢大学第二外科の主任教授になられ、平成9年3月に定年退官される迄、23年間にわたり金沢大学の教育、研究、診療、学会活動や社会活動に従事してこられました。本学会の発足にあたっては中心人物の一人としてご尽力いただき、平成6年度まで理事として常に主導的な立場でご活躍いただきました。
 この度、故宮崎逸夫教授令夫人隆子様よりご寄付をいただきましたので日本胆道学会では、本学会の学術研究の振興を目的として、学術奨励賞『宮崎奨励賞』を設立致しました。
 『宮崎奨励賞』の贈呈は第40回学術集会から第44回学術集会まで行われました。

日本胆道学会名誉理事長 二村 雄次

『宮崎奨励賞』基金

 本賞の設立にあたり、故宮崎逸夫教授令夫人隆子様より、金100万円のご寄付をいただきました。本学会では『宮崎奨励賞』基金として専用口座を開設し、受賞者へ贈呈する研究奨励金の資金(10万円/件)として運用させていただきました。

『宮崎奨励賞』規約

  1. 故宮崎逸夫教授の業績を記念して、胆道に関わる医学研究の発展を図るため、『宮崎奨励賞』を設ける。
  2. 本奨励賞は、本学会に属し、日本胆道学会学術集会で優秀な発表をした研究者2名(口演およびポスター発表各1名づつ)に賞状と副賞10万円を贈呈する。
  3. 本奨励賞の選考、決定は学術集会会長が行う。
  4. 本奨励賞の贈呈は平成16年、第40回学術集会から施行する。